泉町歯科クリニック よくある質問リンク集お問い合わせアクセス|  
治療について
インプラント治療について インプラント治療のバリエーション
インプラント治療はこのように行います。
インプラント埋入手術に伴う不自由さ痛みの程度、およびその継続期間は臼歯の抜歯と同じくらいと考えて下さい。
埋入手術は局所麻酔下で行います。顎骨を露出し、そこにインプラントを埋入し傷を縫合します。やがてインプラントは周囲の骨と結合し、安定します。インプラントと骨が結合するまでの間、定期的に検診を行い、インプラントの状態をチェックします。約6〜24週間でインプラントは周囲の骨と完全に結合されます。その後にヘッド部を装着しますが、ITIインプラントでしたらこの段階での2回目※の手術をしなくてすみます。
患者さんの状態によっては、ITIインプラントも手術2回法を選択する場合もあります。
また、インプラント手術の前に、骨を形成する為の手術が必要となる場合もあります。
詳しくは歯科医師の先生にご相談下さい。
STEP1
診断と治療計画
レントゲンなどによって十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます。
インプラント治療は専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行います。
STEP2
インプラント手術
チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを
局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。


インプラントを
埋め込みました。
ドリルで骨を
削ります。
インプラントを
入れるための孔
ができました。
STEP3
インプラントと骨がくっつくのを待つ
インプラントと骨がしっかりとくっつくまで約6〜24週間待ちます。この期間、一般的にはインプラントの上に仮歯を入れておきます。
※骨の状態など、様々な条件により異なります。
STEP4
歯の装着
ITIインプラントなら、ここで人工の歯を取り付けます。手術2回式のインプラントの場合はここでもう一度手術してインプラントの頭を出さなければなりません。
インプラント治療の終了後はホームケアが重要です。
正しい歯みがきと半年に一度は定期検診を受けましょう。
 ←戻る インデックス 次は「インプラント治療のバリエーション」です→ 
インフォメーション
  ・ごあいさつ
  ・診療理念
  ・施設紹介
治療について
  ・インプラント
  ・ホワイトニング
  ・電動注射器
  ・デジタルレントゲン
  ・口腔内カメラ
デンタルケアチェック
歯の豆知識
キッズルーム
トップページ
Copyright © 2004 IZUMICHO DENTAL CLINIC,. All rights reserved